予言 ヒトラー 予言 ヒトラー

⚛ ヒトラーが好きだったワーグナーのオペラに、この伝説から取った『ニーベルングの指環』という四部作があるが、彼はこれを当時のドイツ楽壇のスターたちに命じて何度も上演させ、全てが滅びる幕切れが来ると必ず叫んだ。 悪魔は全て神が律法で禁じられたことを人に行わせようとします。 私が本当に言いたかったのは、そのことではない。

6
これからの10年後は私たちが思っても見なかった職業が増えて行くだろう!とアメリカの研究者は研究データを発表し、話題となった。 ヒトラーとゲッベルスが最初に対面したとき、ヒトラーは既にナチ党の党首であり、ゲッベルスのほうは組織の末端にいる専従職員でしかなかった。
予言 ヒトラー 予言 ヒトラー

🚀 ヒトラーの素顔や ナチス・ドイツの歴史が詳細に描かれており、 ヒトラー研究の入門書として最適。

それまでのあらゆる危機や問題は、彼ら神人たちの知能と力で急速に解決されていく。
予言 ヒトラー 予言 ヒトラー

✊ しかも、前線で一番危険な任務を自ら買って出ていたにもかかわらず、彼は決して死ぬことがなかったのです。 セシウムが筋肉に蓄積し、心筋梗塞などの突然死をもたらす影響をマイナスと考えて、もし、脳細胞にセシウムが蓄積されることで、脳を支配する電磁気力が向上したならば、電磁気力で制御されている意識という五次元の世界、現実的には、未来と過去の空間を行き来できる力を持つかもしれません。 それほどの 毒物や 毒光がいずれ人類に、少なくとも人類の一部に降りかかる。

11
そうした断片をつなぎ合わせ、すでに発表されている他のヒトラー資料で裏を取り、なんとか再現してみたのが上の重大予言というわけなのだ。
予言 ヒトラー 予言 ヒトラー

⚡ ここはそのためのプロトタイプなのだ」. いや、その前に、 肉食とアルコールとタバコでも衰える。

1
またマレー半島の沖で、当時、イギリスが世界最強を誇っていた巨大戦艦 「プリンス・オブ・ウエールズ」(ウエールズの王子)も、僚艦 「レパルス」とともに日本軍の飛行機に沈められたのだった。 「わかるか、あれがきみらだ。
予言 ヒトラー 予言 ヒトラー

📱 人間の脳そっくりの機能を持つ機械も現われて、人間のほうがその機械にものを訊ねるようになるだろう。

1
ところでハンス、いつだったか山荘できみに、『私が生まれた100年後の 1989年、人間が2種類に分かれる』と言ったことがあったな。 神人のほうも同様で、同じ原因から生まれてくる。
予言 ヒトラー 予言 ヒトラー

🤣 「そういう地下都市に、やがて人間は住むようになる。

9
【究極の復讐】若いころ私は『我が闘争』に、いずれ人間が大自然から復讐されると書いた。 ハンス・フランクにとっては、これがヒトラーの肉声を聞いた最後になった。
予言 ヒトラー 予言 ヒトラー

📲 この当時のゲッベルスの日記を見ると面白い。 同じことが、これまでの人類と今度現われる超人類の間にも起こるのだ。

2
アフリカと中東も完全に荒廃する。
予言 ヒトラー 予言 ヒトラー

🐝 このように、支配をめぐる闘争によって、国の内外に 新しい身分が成立する。 代わりに、それを一次元または数次元超えて、人間存在そのものの行く末にまで踏み込む、 妖しくも深い予知がある。 だから、あの名をきみらの中の選ばれた者たちに授けよう。

」 「それをもっとはっきり言えば、人類の一部はそのとき、人類から、より高度なものに進化して、神に近い生物になっている。 エイリアンとの遭遇がある。