胸 ソテー 鶏 肉 胸 ソテー 鶏 肉

✊ この状態でタイマーを14分にセットします。 中火よりすこし弱い位の火加減。 弾力はあるけど、弾き返されるというより グッと固さのある感触。

20
もしも、時間 的に余裕があるのなら、この状態で冷蔵庫にしまい一晩寝かせて皮を乾かすのが理想 です。
胸 ソテー 鶏 肉 胸 ソテー 鶏 肉

🤝 色が薄いところをフライパンに押し付けるように、きれいに色付ける。 とりあえず表面の水気を キッチンペーパーで拭きとることが大事です。

12
2~3分焼き、ややピンク色でも、箸で押してみて弾力があれば火がとおったサイン。
胸 ソテー 鶏 肉 胸 ソテー 鶏 肉

😒 仕上げにディジョンマスタードを塗っても美味です。 プロヴァンス風トマトと、パクチーを添えて洋風カオマンガイにしました。

しかし、絶対に一回目のものの方が味が良かったし、皮の付き方も真っ当であった。
胸 ソテー 鶏 肉 胸 ソテー 鶏 肉

👈 保水しようがしまいが、 焼き方さえマスターすれば、肉汁したたるジューシーな鶏ムネになります。 一度目 解凍した鶏肉を常温に少し置いておいてから、塩胡椒して、ほんのちょっとサラダ油をたらしたフライパンに皮の方から入れて、火をつけた。 裏側もじっと我慢して焼き色を付けていきます。

鶏むね肉を焼く際は、タレがはねやすいのでフタをして十分に気をつけて調理をして下さい。 この時、マリネ液(オリーブオイルとレモン汁をあわせたもの)は身だけに塗るのがポイント。
胸 ソテー 鶏 肉 胸 ソテー 鶏 肉

👏 フライパンを小さいものに替えたことによって、同じ火加減で焼いても、やはり、火力が強くなってしまうみたいだった。 安全のためには72度を推奨されていますが、70度を越すとジューシーさが損なわれます。

20
食べるときに淡白なチキンを生ハムやサラミで巻くという技も!とってもゴージャスな一品に。 目指すのは「皮はカリっとしていて、なかはジューシーな仕上がり」です。
胸 ソテー 鶏 肉 胸 ソテー 鶏 肉

🖕 冷えるとこんな煮こごりが出来ます。 お肉は最後は余熱で火を通さないと。

オイルはフライパンに満遍なく行き渡り、なおかつ少し多めかな?という風に覚えておきましょう。
胸 ソテー 鶏 肉 胸 ソテー 鶏 肉

😒 時間がかかり過ぎて、忙しいときには向かないが、じっくり弱火で焼いた鶏肉はとても美味しかった。

17
取り除いた皮はもったいないので、煮物などを作るときに一緒に入れて、出汁をとるために活用しています。