意味 ステークホルダー 意味 ステークホルダー

🔥 逆にいえば、従業員や取引先といった個々の対象についてを表す場合に使用するケースはほとんどありません。 ビジネス用語としてよく使われる言葉で、大きな企業が企業方針などにからめて使うことが多くなっています。

5
。 ステークホルダー相関図を作成すると、関係性や影響力を可視化できるのがメリット。
意味 ステークホルダー 意味 ステークホルダー

🍀 間接的ステークホルダー 間接的ステークホルダーとは、労働期間・地域社会・環境などのことです。 金融機関• これからの企業経営にステークホルダーとの信頼関係は必須 昨今では、企業のコンプライアンスなど、社会的な責任が注視されるようになっています。

5
似たような言葉に「ストックホルダー」がありますが、ストックホルダーはステークホルダーの中の株主だけを指しています。 ステークホルダー分析とは ステークホルダー分析は上記にあげたように、ステークホルダーに対してどのようにアプローチしていけばいいのかを分析することです。
意味 ステークホルダー 意味 ステークホルダー

🤑 消費者• 企業が大規模になるほど、株主だけでなく、クライアントや自社の従業員、取引先や地域住民などステークホルダーからの要求に応えることが必要とされています。

ステークホルダーは図では以下のように表すことができます。
意味 ステークホルダー 意味 ステークホルダー

🙏 調達取引先• 「客」に対して• 顧客 目的:製品・サービスの安全・適切な供給、情報開示 活動:ショールームやお役様相談センターの設置、展示会の開催、製品情報の提供 3. 地球環境• 会社との利害が一致するかは関係ありません。 従業員を指すステークホルダーの例• また、株主を指す言葉としてはステークホルダー以外に「ストックホルダー」「シェアホルダー」などもある。 ステークホルダーは「利害関係者」であるため、利害が一致する場合もあれば、一致しない場合もあります。

とはいえ、非常に広義的な意味をもつ言葉です。
意味 ステークホルダー 意味 ステークホルダー

🤪 企業が「ステークホルダー」という言葉を使うのは、企業理念や活動方針を打ち出す際が多くなっています。 ステークホルダーエンゲージメント ステークホルダーエンゲージメントとは、ステークホルダーとの信頼関係を積極的に構築していくことです。

16
協力企業、提携企業、下請け会社、ビジネスパートナー• 利害関係者というと「要するに企業とその顧客のことかな?」と考えがちですが、それだけではありません。
意味 ステークホルダー 意味 ステークホルダー

☣ その事業・プロジェクトに対しての関心度や現在どういった状況で最終的にどうなってほしいのか、をまとめるものになります。 関心度と影響力を分析するときは、よく「マトリクス分析」が使われています。

5
政府・自治体• 行政機関、政府、地方自治体、税務局、政治家、議員• 株主・投資家• 地域社会と企業との関わりという大きな意味を含んでいる、大変意義深い言葉ですね。 なお、個別のある利害関係者について、株主を指すなら株主、従業員を指すなら従業員と言えば良いため、あえて「ステークホルダー」という言い回しをするのは、複数の異なる種類の利害関係者をまとめて総称する必要がある場面に限られる。
意味 ステークホルダー 意味 ステークホルダー

💖 できる限り、その言葉に出合った時点で正しい意味や使い方を理解しておくことが大切です。 参照URL• 地域社会• ステークホルダーとはどんな意味か? 一言でステークホルダーといっても、実は非常に広い意味を持っている単語です。

このときに、直接的ステークホルダーと間接的ステークホルダーを区別しておくと、後のステップで整理しやすい。
意味 ステークホルダー 意味 ステークホルダー

🤘 客との懇談会 「地域社会」に対して• ステークホルダーを理解しビジネスシーンに活かそう! 利害関係となるステークホルダーと会社などの組織は、お互いが影響し合う重要な関係性です。 さらにこの概念を明確にして一般に広く知らしめたのが、アメリカの哲学者であり経営学者である ロバート・エドワード・フリーマン(1951〜)。 具体的な例を挙げてみましょう。

各種団体• 取引先• では 利害関係者(りがいかんけいしゃ)という。
意味 ステークホルダー 意味 ステークホルダー

🎇 ステークホルダーは企業の関係者ではなく利害関係にあることがポイントです。 このように、 それぞれの利害が異なり、時に相反するものであっても、中心となる企業から何らかの影響を受けていればステークホルダーと呼びます。 開発メンバー、担当者• 企業がその活動を行うにあたり、直接的・間接的に関わるすべてを指します。

15
とはいえ、実務作業など覚えることが膨大にある中、ビジネス用語の解釈は、つい後回しになってしまいがちです。