リバー あらすじ クリムゾン リバー あらすじ クリムゾン

🐝 —————— フランスのアルプスの麓にあるゲルノンは、フランス有数の名門大学であるゲルノン大学を擁する大学城下町である。 彼には病気の親が居てニーマンスが良い機会ではと聞くと、弟は黙示録が来るのにと溢します。 ニーマンスは手洗いを探し修道僧達に話し掛けますが誰も答えません。

15
パリから派遣されたベテラン刑事ニーマンス(ジャン・レノ)は捜査を開始し、アルプス山脈の麓にあるゲルノン大学の閉鎖的な雰囲気に、秘密の匂いを嗅ぎ取る。
リバー あらすじ クリムゾン リバー あらすじ クリムゾン

💙 由緒ある修道院で壁の中に磔にされた死体が塗り込められているのが判明する。

16
そこはヘメリッヒ達が倉庫にしていて、扮装、装備の他、アフェタミンがあり、それが彼等に超人的体力をもたらしていました。
リバー あらすじ クリムゾン リバー あらすじ クリムゾン

👣 それに修道院の捜索は空振りに終わりました。 しかし相手はそれを意に返さず、銃で撃たれても平然としていました。

4
すり替えたのはファニー一人で、何かの拍子でもう一人が生きている事を知った二人の母親は娘が奪われた事に気付き、復讐の為に計画した事でした。 マリーは写真の謎を解き、それが宗教的意味を持ち、今日に関連していると報告します。
リバー あらすじ クリムゾン リバー あらすじ クリムゾン

😋 その間もヘメリッヒは鍵で扉を開け、ロタールの宝である巨大な聖書を発見しました。

1
荒らされた墓に眠っていた人物は僅か10歳で事故死した少女である。
リバー あらすじ クリムゾン リバー あらすじ クリムゾン

🙃 解説 猟奇事件を追う2人の刑事の活躍を描いたミステリー・アクション。 」という言葉がマックスの頭に引っかかる。

18
マックスは、修道院に引きこもっている亡くなった少女の母親(ドミニク・サンダ)に会いに行き、やはり少女の死に関係のあったゲルノン大学へと向かう。
リバー あらすじ クリムゾン リバー あらすじ クリムゾン

🐾 三人は証拠を再検討します。 やがて猟奇事件の犯人が現われた。 マリーはジェズの病室で、ニーマンス達の無線を聞きながら彼に宝の事を聞きだそうとします。

17
死体の身元は近くのゲルノンにある大学図書館司書のケロアで、異常殺人事件に慣れていない地元の警察組織である憲兵隊はパリから殺人捜査の専門家を呼び寄せます。 彼女たちの目的は、 ゲルノン大学への復讐です。
リバー あらすじ クリムゾン リバー あらすじ クリムゾン

❤ 彼女は娘を失ってから シスター・アンドレとして 教会で働いているのです。 リュック・ベッソン脚本のミステリーアクション映画。

12
ニーマンスは、訪ねた時何故ドイツ語で話し掛けて来たかを聞きます。
リバー あらすじ クリムゾン リバー あらすじ クリムゾン

🤘 とりあえず、容疑者はネオナチだろうと次に小学校の不法侵入事件を調べます。 2人は、 セルティスの検視の結果を聞きます。 真実に辿り着いた2人は 学長の息子に命を狙われました。

18
ニーマンスがケロアの司書席に立つと、そこは他より一段高く、席次まで決まっている図書館においては、羊飼いが座る場所に見えました。 しかし、そこで彼は眼科医からゲルノンの歪んだ風習を聞かされることになる。