日 新聞 休刊 日 新聞 休刊

📲 ここでややこしいのが新聞休刊日の 翌朝の新聞が休みになるということ。

当該休刊日の朝刊は通常通りに発行されることに留意。 なぜこのような日程になっているのでしょうか。
日 新聞 休刊 日 新聞 休刊

😝 あれだけ一斉に休むのに 各社が決めているんですね。 それと、あらかじめ大きなイベントが わかっている場合は休まないみたい。 (報道を優先し折り込みチラシの配布ができない場合がございます。

4
中の人は生き残りに必死だと思います。 これでは休刊日の業務軽減効果が薄れてしまいます。
日 新聞 休刊 日 新聞 休刊

🤙 2021年新聞休刊日一覧 重要な報道や選挙の関係で新聞休刊日が変更となる場合がございます。 基本的に毎月1回日曜日 と言う感じですが例外もある。

13
スポンサーリンク 管理人のまとめ 今回は新聞休刊日の決め方でした。
日 新聞 休刊 日 新聞 休刊

📱 紙の新聞の生き残りは 正念場なのかも知れません。 また途中から6月と12月は第2日曜日に、10月は10日の体育の日にそれぞれ変更された。

11
新聞休刊日は、新聞販売店の慰労だけでなく、労働環境の向上による人材確保の目的もあるのです。
日 新聞 休刊 日 新聞 休刊

☢ 管理人、毎朝、新聞読んでます。 いずれも休刊当該日の夕刊と翌日の朝刊(元日の場合は2日の夕刊も)が休刊となる。

6
そして1月2日の夕刊、1月3日の 朝刊が発行されるということですね。 だが同年10月は読売新聞が新聞休刊日の増加に抗議して通常通り発行した事もあった。
日 新聞 休刊 日 新聞 休刊

🤗 こんなふうに新聞休刊日が決まっていても 大きな事件があれば発行されるそうです。

12
2019年 新聞休刊日 1月2日(水) 2月12日(火) 3月4日(月) 4月15日(月) 5月7日(火) 6月10日(月) 7月16日(火) 8月13日(火) 9月9日(月) 10月15日(火) 11月11日(月) 12月9日(月) 近年は、第2月曜の祝日や振休が多く火曜の休刊日が増えています。