エリザベス ステークス クイーン エリザベス ステークス クイーン

🤘 1987 - Dinky Flyer• - 創設• 1967 - Garcon• 2011 - My Kingdom of Fire• 1854 - Sportsman• 馬券購入時の注意点は? 日本では当たり前に定着している点の一つとして、馬番と発走するゲート番号の違いが挙げられます。 。 1955 - Prince Cortauld• 1980 - Iko• 《今年の該当馬》 メロディベル キングズウィルドリーム 【ポイント3】勝ち馬はこれです ドンカスターマイル同様にこのレースに強いレースがあります。

15
きっちりデータに該当する馬が居たので、そちらを中心に狙っていきたいと思います。
エリザベス ステークス クイーン エリザベス ステークス クイーン

♥ 1869 - The Barb• 文:合田 直弘 5 テアカウシャーク TE AKAU SHARK NZ 5. 1935 - Master Brierly• 1931 - The Dimmer• 75 3 114 ハッピークラッパー HAPPY CLAPPER(AUS) せん 9 59kg P. 82 第50回 9月24日 Starcraft 牡5 1:37. 買い目についてはオッズの動向を観て、後程追記します。 1915 - Ulva's Isle• 1870 - Tim Whiffler• 濃い黄色は オーストラリア、 赤色は イギリス、 濃い青色は ニュージーランドです。

9
1925 - Windbag• 昨年はクルーガーが参戦し2着と健闘したのが記憶に新しい。
エリザベス ステークス クイーン エリザベス ステークス クイーン

🤩 馬貴族で稼いで鳥貴族に行くという考えなら、 焼き鳥1308本注文できますよ 笑 【血統統一賞】血統シックス ディープインパクトがこの世を去って、血統は第6世代に突入してきたようです。 好スタートを決めたダノンプレミアムは逃げ馬を行かせる形で好位をキープ。

我慢するところは我慢できましたし、合図を出してからの反応も良かったです。 昨年のクイーンエリザベスSでクルーガーが、豪州最強牝馬ウィンクスに1馬身半差まで迫る2着に健闘した。
エリザベス ステークス クイーン エリザベス ステークス クイーン

😀 注記: 勝馬投票券の購入は、JRAインターネット投票をご利用ください。 よろしければご活用とご参考になさってください。

1
1929 - Strephon• 1927 - Limerick• 加えて、天候もほぼ予報通りに推移していることが、その背景にはあるだろう。
エリザベス ステークス クイーン エリザベス ステークス クイーン

⚓ 05 ;border-color:rgba 238,238,238,. 1882 - The Drummer• 2020 - アデイブ• - グループ制の導入により国際G2に格付けされる。 。

8
1991 - Stylish Century• デットーリ 第42回 Air Express 牡3 1:40. 勝ち馬は出ないけど、安定して馬券に絡んでくるので、 ドンカスターマイルで5着以内くらいなら注意。 1894 - Light Artillery• そして翌週のコックスプレートでは、 馬連&ワイドで35,100円GET!! さらに24頭立てという牧場みたいなメルボルンカップでは、 プリンスオブアラン一本釣りで63,000円的中!! オーストラリア競馬は3戦3勝とデータ分析抜群ですよ 笑 初心者向けのアメブロに掲載してますので、海外馬知らんぞ~って方はそちらも参考にお使い下さい 笑 それでは、各レースの分析を行っておきましょう。
エリザベス ステークス クイーン エリザベス ステークス クイーン

🤞 昨年10月のコックスプレート(G1・オーストラリア)でリスグラシューの3着に入った実績のある テアカウシャーク(せん5歳)が、各社とも3番人気。 1906 - Tartan• では以下、過去10年のクイーンエリザベスステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。 海外馬の情報もデータも調べていただけにチーン。

19
イギリスだけでなくやなど、他の欧州諸国所属馬が参戦する事も多い。 」 勝ち馬プロフィール 勝ち馬: アデイブ(Addeybb) 父:Pivotal 母:Bush Cat 母父:Kingmambo. 1934 - Rogilla• マクドナルド騎手) 「馬はリラックスしていて状態は非常に良かったです。
エリザベス ステークス クイーン エリザベス ステークス クイーン

☘1862 - Archer• マクドナルド騎手との初コンビだったんですが、スタートを含め、レース運びは決して悪くなかったと思います。

2
1998 - Might And Power• 昨年、一昨年のこのレースの馬場状態であれば、結果は全然違っていたと思います。 1920 - Poitrel• また、最後にダノンプレミアムを交わして2着に浮上したベリーエレガントも、前哨戦のランヴェットS(G1)でアデイブと激しい叩き合いを演じた馬。