シュニッツェル チキン シュニッツェル チキン

😄 あの可愛らしいカンガルーを想像するととても食べにくいのですが、オーストラリアではスーパーでも普通にカンガルーミートが売られています。

12
シュニッチェルは、イタリアを起源とする食べ物と言われており、その後オーストリアやドイツなど周辺のヨーロッパ地域に広がったとされています。 また、レモンを添えて食べるのも一般的で、地域によってはコケモモ・ラズベリーなどのジャム、グレイビーソースを添えるのも人気があります。
シュニッツェル チキン シュニッツェル チキン

☕ カンガルーミート Kangaroo Meat 略して「ルーミート」とも呼ばれます。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

19
シュニッツェルはやや多めのバターやラードで揚げ焼きしますが、とんかつは多量の油で揚げて仕上げます。
シュニッツェル チキン シュニッツェル チキン

☣ で作った変わり種も最近では広まってきた。

12
当時、1ユーロ=¥135 ぐらいだったので、 このひと皿で ¥3,000 くらい! ミンチからステーキ、そして塊に至るまで種類も豊富で、スーパーでも簡単に手に入ります。
シュニッツェル チキン シュニッツェル チキン

☕ 値段は10〜15ドルくらい。 豚肩肉に小麦粉・卵・こしょうを混ぜたパン粉を付けて、フライパンに豚肩肉が浸かる程度の油でカリッと揚げ焼きしていきます。 パン粉に粉チーズを混ぜ合わせます。

他の説によると、に元帥により伝えられたとされる。
シュニッツェル チキン シュニッツェル チキン

☎ ただ独特な臭いが苦手という方も多いです。 チキンソルト Chicken Salt こちらはオーストラリアで定番の調味料です。

5
250度のオーブンで、両面がこんがり色付くまで、途中で裏返しながら約25分焼きましょう。
シュニッツェル チキン シュニッツェル チキン

⚐ 今回は後で塩コショウしました。 オーストリアとは異なり、ではを添える。

6
を添えることもあるが、これは以降に流行したもので、純粋主義者から見ると邪道と考えられている。
シュニッツェル チキン シュニッツェル チキン

😈 そこで、下記記事ではコストコの人気牛肉を12個紹介しています。

14
日本人にとっては罰ゲームと感じるかもしれませんが、オーストラリア人には古くから愛されているこの味。