を 意味 鉛筆 なめる を 意味 鉛筆 なめる

✇ 今でも安物の鉛筆(メモ帳にくっついている小さい鉛筆など)は、この傾向があります。

14
ロウが紙の中まで浸透してしまうために鉛筆のように消しゴムでこすっても消えないのです。
を 意味 鉛筆 なめる を 意味 鉛筆 なめる

✔ これを捜査と言います。 あるいは、鉛筆という名称は、12世紀の画家たちが好んで用いた、鉛とスズの合金でできた尖筆に由来するのかもしれない。 それは「おいしいから」というもの。

9
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。
を 意味 鉛筆 なめる を 意味 鉛筆 なめる

🤚 そしてそこから更に、 考えながら苦労して書くという意味でも使うようになっていったのです。

1
ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。
を 意味 鉛筆 なめる を 意味 鉛筆 なめる

😝 昔の鉛筆は質が悪く、字がかすれてしまうことがよくありました。

6 《形容詞「なめし」の動詞化かともいう》かるく見なす。 一応これは一つの例ですけど。
を 意味 鉛筆 なめる を 意味 鉛筆 なめる

🤲 この見た目から「 書類を書くこと」また「 書類を改ざん・操作すること」という意味にも派生したと言われています。

19
これは 書類上の数字を自分たちの都合のいいようにごまかすような意味合いで、あまりいい表現ではありません。 鉛筆をなめるとよく書けるので、書類を書くときなどに鉛筆をなめるのが癖のようになっていた人もよくいました。
を 意味 鉛筆 なめる を 意味 鉛筆 なめる

✍ あきらめましょう。 これは文脈によってどこに「出る」のかが変わってきますが、会社であれば裁判所、つまり訴訟を起こせば、という意味で使われることが多いでしょう。 と言うか、身柄を拘束していないのでできません。

「黒鉛(グラファイト・石墨)」と言う文字は、鉛の成分を連想させるが、鉛を含まない。 ここから 『鉛筆をなめる』が書類を書くこと、更には書類を操作することという意味になっいったのだそうです。